卵巣機能を高める

卵巣機能を高めるにはどうすればいいの?

卵巣は女性ホルモンを作る場所ですが、加齢と共にその機能が低下してしまいます。

 

そこで、卵巣機能を元気に維持し、または高めるには3つのポイントが重要となります。

 

1.必要な栄養素をしっかりと摂取する

卵巣が女性ホルモンを分泌するにはその機能が活性化されていなければなりません。その活動を維持するには動けるだけのエネルギー(栄養分)が必要です。良質なたんぱく質、ビタミンB、ビタミンEが必須です。

 

2.冷え性を改善する

卵巣がしっかりと活動するために、卵巣周辺の温度は37度位が必要です。体を冷やさず、常に体温を高く保ちましょう。低体温は自律神経やホルモンバランスが崩れてしまいますので注意ください。

 

3.血行を良くする

体の各臓器は血液から必要な栄養素や酸素を受け取り活動しています。血流が悪いと正常な機能を発揮できません。また、生殖機能は後回しにされるため、子宮や卵巣の機能を高めるには体全体の不調を見直さなければなりません。足ツボ押しは、血行を良くして体調を整えるにも効果的。

 

 

卵巣機能が低下するとは?

卵巣機能不全(卵巣機能低下症/若年性更年期障害/早発卵巣不全とも言う)は、卵巣に卵胞が存在して排卵を誘発することが可能な場合と、卵巣に卵胞が残存していない場合とに分類されます。

 

症状としては無月経になることが多いですが、妊娠できなくなった訳ではありません。

 

 

卵巣機能が低下する原因とは?

卵巣や卵巣の周囲の手術、放射線や抗がん薬の化学療法、それ以外の薬剤によっても卵巣機能の低下につながることがあります。また、喫煙によっても卵巣機能の低下が起こるとされています。

 

 

卵巣機能の病気を治療する方法

薬剤でエストロゲンを補充するホルモン補充療法(HRT)が一般的です。妊娠を希望されている場合は、ゴナドトロピンの投与による強力な排卵誘発療法が行われます。

 

 

高齢でも妊娠力を付ければ自然妊娠が可能!

35歳以上の方は『卵子の老化』と聞いて「もう自分は妊娠できないのでは?」と悩んだり、不安に思っていませんか?

 

でも、心配しないでくださいね!

 

本来は「卵子の老化」ではなくて『卵巣機能の低下』が正しいです。卵巣機能が低下することで卵子の成熟が不足したり、染色体異常の発生率が増えるということなんです。

 

その為、妊娠を希望されるなら卵巣機能を高めることが重要!

 

不妊症改善セルフケアでは卵巣機能を高めつつ、自分自身の妊娠力を引き出すことに特化していますので、ぜひご覧ください!

 

すでに多くの方が取り組んでいて、専用掲示板にはぞくぞくと妊娠報告が集まっています。

 

 

注目!卵子の老化スピードは早いので、1日でも早く始める事をオススメします^^


>> 不妊症改善セルフケア <<

もう不妊治療で振り回されたくなかったのと、「サポートが良かった」「妊娠できた!」という口コミもあったので思い切って購入。お陰様で私も妊娠できました♪ あなたも一人で悩まずに是非サポートへいろんな相談をされてみてくださいね。